手汗の起因を知ろう

掌からの汗についてですが、段階その2以上のように思えるのであれば、
診てもらうのに適した医療機関に出向きましょう。

 

さて、ここでは手汗の様々な起因について紹介していきます。

 

手汗の起因

手汗の起因として判明しているものは次のとおりです。

・ホルモンバランスの崩れ
・肥満
・精神面の乱れ
・生活習慣の崩れ
・それ以外の疾患

この内、大きいのは「精神面の乱れ」です。
精神の状態が発汗として表れるという事は、
何となくイメージがつく人がほとんどでしょうが、
そのイメージ以上に大きく関わっていると考えて頂いてまず間違いありません。

 

人間には感情があります。もちろん他の動物にも感情はありますが、
人間ほど精神面が過敏な生き物はいないと言われています。

 

精神的なストレスも手汗の誘因となる

緊張や心配は、言うまでもなくストレスにつながります。
ストレスに晒され続けると、交感神経が優勢になり、
意思とは無関係に発汗量が増えます。

 

どうしてそのようになってしまうのかは、実のところまだはっきりとは分かっていません。
「ストレス」が「誘因」となって「交感神経が優位」になって「掌からの汗が多くなる」
という事しかまだ分かっていません。

 

手掌多汗症も、軽いものであれば、悩みが無くなったりストレスを発散させたりすれば、
特に対策をしなくても治っていきます。

 

これくらいであれば「ちょっと手汗が出てるなあ」程度の感覚で済みます。
たまにハンカチやタオルで拭き取ればそれほど困りません。

 

しかし、掌から手汗が滴り落ちるレベルまでにエスカレートしてしまうと、
それは大事であると言わざるを得ません。

 

これは交感神経が優位になり過ぎて、副交感神経との調和が大幅に崩れている状態です。
このような場合は、きちんと医療機関を頼りましょう。
手汗 止める