手掌多汗症とその要因は?

人間の病気は多種多様です。
病気という表現を使うまでもないものもあれば、生命を脅かす病気も存在します。

 

ここでは、手汗が多くなる手掌多汗症の概要と、その要因を解説していきます。
広義での多汗症は、頭部や足の裏、手のひらやわきの下から、多量の汗が出る病気と言えます。

 

そして日々の生活に支障が出るほど多量の発汗があるのが手掌多汗症です。
読み方は「しゅしょうたかんしょう」です。

 

手掌多汗症にかかっている方は、10代〜30代の割合が大きいですが、
自我が芽生え切らない幼少の頃に発症する場合も珍しくないですし、男女間の差もありません。

 

 

汗かきと手掌多汗症は異なる

手掌多汗症は非常に苦しいので、大抵の方が周囲や両親に打ち明けますが、
ほとんどのケースで「汗かき」の一言で済まされてしまいます。

 

そのため、集中力が落ちたり、性格が暗くなったり、
精神面の負荷を抱え込んでしまい、いじめや成績が落ち込む要因となる事例が後を絶ちません。
汗かきと手掌多汗症は根元的に異なるという事を理解しましょう。

 

 

手掌多汗症の要因は?

現状、多汗症の要因は明確には分かっていません。
多く言われているのは、
「交感神経が活性化し過ぎて、その影響で汗が過剰に発生する」
という文言です。

 

手掌多汗症の手汗の分量は、いつも決まっているわけではなく、
気温や時間帯、緊張やストレスのレベルによって差が出ます。

 

レベル1では、手が湿り気を帯びる程度。
レベル2では、手に水滴が生じ、見ただけでも発汗している事が分かる。
レベル3では、手のひらから汗がぽたぽた落ちる。

 

症状を段階分けすると、上記のようになります。
レベルに応じて自分に合った手汗対策を行っていきましょう。顔汗 止める